FC2ブログ
avatar image

旧都築半平別邸(高知県/四万十町)

 高知県・四万十町役場の近くに、100年以上も前に建てられた古民家があります。都築半平の別邸として1901(明治34)年に建築されました。戦後に一部改装されて旅館の用にも供されました。

 現在は、四万十町役場と四万十町観光協会による共同運営・管理のもと、伝統的な日本建築を今に伝える貴重な建物として、見学開放(無料)やカフェの営業が行われています。

 ▼高知県・四万十町役場の近くにある「旧都築半平別邸」。
 2013_0630(053).jpg

 ▼地元の方は「半平旅館」と呼んでいるそうです。
 2013_0630(056).jpg

 ▼床脇の装飾や、壁に塗られた漆喰の色のコントラストが美しいです。
 2013_0630(054).jpg

 ▼欄間です。欅の無垢板に施されている彫刻は見応えがあるものばかり。 
 2013_0630(057).jpg

 ▼表の間から見た庭。
 2013_0630(058).jpg

 ▼古民家には…。
 2013_0630(061).jpg

 ▼昔の暮らしで使われていた道具が置かれています。
 2013_0630(062).jpg

 ▼10:00~16:00の間はカフェも営業中です。
 2013_0630(064).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    高知県高岡郡四万十町茂串町2-3 地図
 ・電話番号  0880-29-6004(四万十町観光協会)
 ・営業時間  8:30~17:00
 ・定休日    年末年始

 訪問日:2013年6月30日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback