FC2ブログ
avatar image

【宮城交通回顧録No.30】大須車庫

 雄勝半島の先端にある、女川線と雄勝線の終点・大須浜。石巻市街や飯野川から、リアス式海岸沿いのうねった狭隘な道を通って、ようやくこの地にたどり着いたバスが車体を休める場所が大須車庫でした。

 大須浜に出入りする2路線は、2008(平成20)年3月31日の運行をもって廃止。翌日から石巻市が運行する住民バスに移管され、大須車庫もその使命を終えました。大須浜に向かう狭隘路線の道のりが好きで幾度となく足を運んだだけに、廃止には感慨深いものがあります。

 ▼まずは、2002(平成14)年4月訪問時の様子。
 

 ▼近くには大須灯台があります。この日は波も穏やかでした。
 

 ▼2003(平成15)年4月に撮影。標識の会社名は「宮城交通」。
 

 ▼2003(平成15)年7月に撮影。始発前、3台が肩を並べて夜を明かしています。
 

 ▼こちらは、2004(平成16)年8月訪問時の様子。
 

 ▼バス停標識の会社名が「宮交石巻バス」に変わっています。
 

 ▼大須浜から飯野川へ向かうバスの車中にて。狭隘な道を進んでいきます。
 

 ▼こちらは、2009(平成21)年8月訪問時の様子。建物は既に解体されました。
 

 ▼バス停標識も住民バスに取って代わられています。
 

 訪問日:2002年4月28日・2003年4月30日・7月13日・2004年8月16日・2009年8月22日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback