FC2ブログ
avatar image

名湯の森ホテル きたふくろう(北海道/弟子屈町)

 「川湯温泉は道東観光の拠点としてご利用いただいております。また落ち着いた雰囲気の館内では、ロビーから見える原生林で野鳥をみたりもできます。近年売店にも力を入れ、北海道の名産品が購入できるようになっております。

 和室、洋室、和洋室と多種多様な客室がございます。一人旅の思い出に、ご夫婦やご家族での旅行の、ほっと一息できる落ち着いた雰囲気のお部屋となっております。

 硫黄の香りに包まれた川湯温泉は日本でも珍しい『源泉かけ流し100%宣言』している温泉です。木風呂『ふくろうの湯』と岩風呂『万年の湯』は当館自慢露天風呂です。昼は静寂な原生林を眺めながら、夜は満点の星空を眺めながら入るお風呂は抜群です。」(公式HPより)

 ▼1泊2食6,960円。お世話になります。※価格は宿泊予約サイトのもの
 2014_0602(018).jpg

 ▼客室の写真は公式HPより拝借しています。さて、お風呂に行きましょう。
 normal04fb.jpg

 ▼お風呂は1日ごとの男女入替制。
 2014_0601(377).jpg

 ▼1日目の浴場は「ふくろうの湯」でした。
 2014_0601(372).jpg

 ▼川湯温泉の泉質を堪能することができます。
 2014_0601(375).jpg

 ▼ジャグジーもあります。
 2014_0601(374).jpg

 ▼見づらいですが、うたせ湯もあります。
 2014_0601(376).jpg

 ▼こちらは木造りの露天風呂。
 2014_0601(360).jpg

 ▼木彫りのふくろうが出迎えてくれます。
 2014_0601(362).jpg

 ▼湯浴みをしながら森林浴もできてしまう…。何て贅沢なんでしょう。
 2014_0601(361).jpg

 ▼もうすぐ夕食の時間かな。そろそろ上がりましょうか。
 2014_0601(365).jpg

 ▼夕食です。ビジネスプランですが、刺身やトンカツなど盛りだくさん。
 2014_0601(385).jpg

 ▼ご飯も平らげたらもうお腹いっぱい。なお朝食はバイキングでした。
 2014_0601(387).jpg

 ▼2日目の浴場は「万年の湯」でした。
 2014_0602(016).jpg

 ▼脱衣場にある各種の注意書き。
 2014_0602(017).jpg

 ▼各ホテルの浴室に必ず掲げられている川湯温泉の案内文。
 2014_0601(378).jpg

 ▼さて、浴室に入りましょう。
 2014_0602(091).jpg

 ▼基本的な構造は「ふくろうの湯」と同じです。
 2014_0602(094).jpg

 ▼ジャグジーもありますし、写真はありませんが打たせ湯もあります。
 2014_0602(005).jpg

 ▼眼や傷にしみる強い個性の温泉です。
 2014_0602(007).jpg

 ▼こちらは岩造りの露天風呂。新緑がまぶしいです。ずっと入っていたいなあ…。
 2014_0602(096).jpg

 ▼名残惜しいですが、次の予定もあるので出発します。お世話になりました。
 2014_0602(089).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-9-15 地図
 ・電話番号  015-483-2960
 ・営業時間  チェックイン15:00 チェックアウト10:00 
 ・定休日    不明

<参考HP>
 ・「名湯の森ホテル きたふくろう」(公式HP)

 訪問日:2014年6月1~2日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback