FC2ブログ
avatar image

大鰐温泉(青森県/大鰐町)~前編

 「大鰐温泉は弱食塩泉で、神経痛やリューマチ性疾患などに格段の効果をみせます。文禄2(1593)年に津軽藩を開いた津軽為信が、難治の眼病にかかり、大鰐に涌く温泉で目を洗えば治るという、薬師如来のお告げを夢にみて、大石の下から涌き出る熱湯を発見したとも伝えられます。

 温泉を湯治以外のことにも役立ててきました。温泉熱を利用したモヤシ栽培と味噌醸造です。 丑の日の丑の刻に入浴すれば病気にかからないとのことから始まった丑の湯まつりもあります。

 大鰐には庄屋のほかに湯の管理人、湯聖がおかれるようになりました。このように、あじゃら山麓一帯には、古くから豊かな温泉が、いつも絶えることなく湧き出ていたのです。」(大鰐温泉旅館協同組合HPより)

 ▼青森県・大鰐町の大鰐温泉を訪問します。
 2014_1213(181).jpg

 ▼温泉街にある6つの共同浴場をめぐりたいと思います。
 2014_1213(165).jpg

 ▼その前に街歩き。こちらは羽黒神社。
 2014_1213(167).jpg

 ▼湯魂石薬師堂。津軽藩初代藩主・津軽為信が眼病快癒を喜び建てたそうです。
 2014_1213(190).jpg

 ▼大円寺。地元では「大鰐の大日様」と呼ばれているそうです。
 2014_1213(180).jpg

 ▼廃業となってしまった「寿の湯(上の湯)」。扉は固く施錠されています。
 2014_1213(173).jpg

 ▼最初に立ち寄ったのは「山吹湯」。
 2014_1213(182).jpg

 ▼湯けむり通り沿いにある、シンプルな浴室の浴場です。
 2014_1213(183).jpg

 ▼続いて立ち寄ったのは「萩乃湯」。
 2014_1213(179).jpg

 ▼懐かしい体重計。こちらは他と比べて定休日が多いので注意が必要です。
 2014_1213(200).jpg

 ▼脱衣場から階段を少し降りたところに浴室があります。
 2014_1213(203).jpg

 ▼ちなみに大鰐温泉の共同浴場の入浴料はいずれも200円(訪問日当時)です。
 2014_1213(204).jpg

 ▼この日は15時営業開始の共同浴場を3箇所めぐります。最後は「茶臼湯」。
 2014_1213(170).jpg

 ▼大鰐温泉の住宅街の一角にある共同浴場です。
 2014_1213(206).jpg

 ▼地元の方に愛されている浴場です。後編へ続きます。
 2014_1213(209).jpg

<データ(訪問日時点)>
 1.山吹湯  ※閉業※
 ・所在地    青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字大鰐69 地図
 ・電話番号  0172-47-5975
 ・営業時間  15:00~21:00
 ・定休日    毎月第3水曜日

 2.萩乃湯  ※閉業※
 ・所在地    青森県南津軽郡大鰐町蔵館字村岡29 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  15:00~21:00
 ・定休日    毎週月曜日、水曜日、金曜日

 3.茶臼湯
 ・所在地    青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字湯野川原108-3 地図
 ・電話番号  0172-47-5974
 ・営業時間  15:00~21:00
 ・定休日    毎月5・17日

<参考HP>
 ・「大鰐温泉旅館協同組合」(公式HP)

 訪問日:2014年12月13・14日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback