FC2ブログ
avatar image

ガニ湯(大分県/竹田市)

 「昔、長湯温泉を流れる川にガニがいた。ある日ガニは色白の美しい村の娘に一目ぼれをしてしまった。そして人間になって娘を嫁にしたいと思うようになった。

 たまたまそんなガニの切ない思いを知った川のほとりにある寺の僧が『寺の鐘を百聞けば人に生まれ変われる』と言い聞かせた。そこで娘が湯あみに来たとき僧が鐘をつき、ガニは川の中からこれを聞いていた。

 僧が鐘をつきながらふと娘に目をやると娘のあまりの美しさにこれまた一目ぼれ。鐘を九十九までついて『娘はオレがもらう』と言って娘に近づいたとたん、空がかきくもって大雨となり僧もガニも落雷にやられてしまった。 

 しばらくして川の水が引いたところ、川の中にガニの形をした大岩が現れ、無数の泡をともなった湯が涌き出した。以来、村人たちはこれを(ガニ湯)と呼ぶようになった。」(案内板より)

 ▼大分県・竹田市の長湯温泉にやってきました。
 2014_1129(058).jpg

 ▼芹川に沿って旅館や民宿が立ち並んでいます。
 2014_1129(068).jpg

 ▼目指すは…。
 2014_1129(062).jpg

 ▼芹川の…。
 2014_1129(063).jpg

 ▼川原にある…。
 2014_1129(064).jpg

 ▼「ガニ湯」です。
 2014_1129(060).jpg

 ▼脱衣所はなく、浴槽も周辺の道路や旅館から丸見えです。
 2014_1129(066).jpg

 ▼「ガニ湯伝説」が記載された案内板。自治体名は古いままです。
 2014_1129(061).jpg

 ▼JR九州・豊肥本線の豊後竹田駅から路線バスが出ています。
 2014_1129(069).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    大分県竹田市直入町大字長湯 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  24時間
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「長湯温泉旅館組合」(公式HP)

 訪問日:2014年11月29日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback