FC2ブログ
avatar image

湯田川温泉の共同浴場(山形県/鶴岡市)

 「712年(約1300年前)。傷を負った一羽の白鷺が葦原に降り、そこに湧いていた湯で傷を癒したと言われております。そのため昔は『白鷺の湯』と呼ばれていました。

 古都鶴岡の奥座敷と呼ばれる湯田川温泉は、庄内産名湯のひとつに数えられ、豊かな自然と人情味あふれる湯の里として知られております。」(湯田川温泉観光協会パンフレットより)

 山形県・鶴岡市にある湯田川温泉。歴史ある温泉街を散策するとともに、2軒の共同浴場を訪問したいと思います。

 ▼湯田川温泉のシンボル「正面湯」。入浴するには…。
 2015_0808(064).jpg

 ▼斜め向かいにあるこちらの商店で入浴料200円(訪問日当時)を支払い…。
 2015_0809(024).jpg

 ▼商店の方に浴場の鍵を開けてもらいます。
 2015_0808(066).jpg

 ▼狭めの脱衣場の先には…。
 2015_0808(069).jpg

 ▼浴室です。長方形の浴槽には…。
 2015_0808(067).jpg

 ▼無色透明のお湯が絶え間なく注がれています。
 2015_0808(070).jpg

 ▼水色のタイルの湯船に日光が差し込んで、とても綺麗です。
 2015_0808(073).jpg

 ▼ちなみに宿泊者は宿の方に鍵を開けてもらいます。その場合は無料です。
 2015_0808(065).jpg

 ▼湯上り後は温泉街を散策。
 2015_0808(091).jpg

 ▼こちらの貯水池には昔、水蓮の花がいっぱい咲いていたそうです。
 2015_0808(090).jpg

 ▼湯田川の温泉街は間もなく夜を迎えようとしています。
 2015_0808(098).jpg

 ▼翌朝も温泉街を散策します。こちらは正面湯の前にある足湯。
 2015_0809(000).jpg

 ▼温泉街にはこんなレトロな建物もあります。
 2015_0809(003).jpg

 ▼梅林公園は高台にあり、温泉街を一望できます。
 2015_0809(007).jpg

 ▼そして散策後に立ち寄ったのが…。
 2015_0808(077).jpg

 ▼「田の湯」です。システムは正面湯と同じ。
 2015_0808(078).jpg

 ▼脱衣場の狭さでは正面湯に負けてはいません。
 2015_0809(013).jpg

 ▼浴室です。浴槽は長方形の一辺が切り取られた感じ。
 2015_0809(019).jpg

 ▼4人も入れば一杯になりそうな浴槽には…。
 2015_0809(017).jpg

 ▼ライオンの湯口から40~41℃のお湯が。長湯にもってこいです。
 2015_0809(016).jpg

<データ(訪問日時点)>
 1.正面湯
 ・所在地    山形県鶴岡市湯田川乙46-1 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  8:00~9:00・11:00~19:00
 ・定休日    なし

 2.田の湯
 ・所在地    山形県鶴岡市湯田川乙19 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  8:00~9:00・11:00~19:00
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「湯田川温泉観光協会」(公式HP)

 訪問日:2015年8月8・9日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback