post image

鑑原食堂(広島県/東広島市)

 今回は広島県・東広島市にある「鑑原(かんばら)食堂」を訪問します。JR西日本・山陽本線の白市駅から徒歩5分ほどのところ、広島駅と広島空港を鉄道とバスで往来する「白市ルート」の途中で立ち寄ることができます。 ▼JR西日本・山陽本線の白市駅から徒歩5分ほどのところにある「鑑原食堂」。  ▼お好み焼のお店です。カウンターでは目の前で焼いてくれます。  ▼「スペシャル」900円(訪問日当時)を注文すると…。  ▼...

post image

ラーメン二郎 千住大橋駅前店(東京都/足立区)

 東京・三田に本店がある「ラーメン二郎」。今回は東京都・足立区の千住大橋駅前店を訪問します。京成電鉄・本線の千住大橋駅からすぐ、トッピングにラー油を提供したり15時からの裏メニューがあったりと独自色のある店舗です。 ▼京成電鉄・本線の千住大橋駅から細い生活道路を挟んですぐの「ラーメン二郎 千住大橋駅前店」。  ▼「小豚」900円(訪問日当時)。トッピングはヤサイ増しとラー油。麺は柔らかめでした。  ▼ラー...

post image

【惜別:札沼線No.01】北海道医療大学駅~知来乙駅

 JR北海道・札沼線は、北海道・札幌市の桑園駅から北海道・新十津川町の新十津川駅に至る76.5kmの路線です。路線名の通り、「札」幌と「沼」田を結ぶ路線でしたが、新十津川~石狩沼田間は1972(昭和47)年に廃止されています。 桑園駅から北海道医療大学駅までは、沿線にあいの里をはじめとする新興住宅地や北海道教育大学などの学校があり、愛称である「学園都市線」の名に相応しい役割を果たしていますが、北海道医療大学駅...

post image

十文字原展望台(大分県/別府市)

 「市内の北部、明礬温泉より3kmほど進んだところに広がる高原。別府湾を見下ろす場所には展望台があり、市街地はもとより大分市、国東半島、遠くは四国まで望むことができる。豊かな自然と素晴らしい景色を味わうことのできるため、ドライブコースでもある。 また夜の夜景も美しく、目の前に広がる市街地の明かりと車のライトが絶妙なコントラストを彩る風景は抜群。『日本夜景遺産』『日本夜景百選』に登録されている。」(「...

post image

安心院温泉センター(大分県/宇佐市)

 大分県・宇佐市の「安心院温泉センター」で立ち寄り湯。安心院温泉センターは家族旅行村安心院の中にある温泉施設です。2階の休憩所からは安心院盆地を一望することができます。 ▼大分県・宇佐市の旧安心院町にある…。  ▼「安心院温泉センター」にやって来ました。  ▼入浴料は300円(訪問日当時)。  ▼ナトリウム塩化物泉が注がれる浴槽に身を委ねると…。  ▼心も身体も温まります。  ▼温泉センターのある家族旅行村安...

post image

長湯温泉 長生湯(大分県/竹田市)

 「長湯温泉街の中心にある入浴施設です。入り口は回転扉で、入湯料200円を入れると開くユニークな自動 ドアになってます。泉質は炭酸水素塩泉で飲泉もできます。広々とした男女別の内風呂があります。」(「大分県の観光情報公式サイト」より) ▼大分県・竹田市の長湯温泉にやって来ました。  ▼ここに長生湯という公衆浴場があります。看板は旧直入町時代に掛けられたものでしょう。  ▼「飲んで効き 長湯して利く 長湯のお...

post image

佐田温泉(大分県/宇佐市)

 今回は大分県・宇佐市の旧安心院町にある「佐田温泉」を訪問します。正式名は「佐田老人憩の家」ですが、年配者のみならず誰でも入浴することができます。 ▼大分県・宇佐市の旧安心院町にある「佐田温泉」にやって来ました。  ▼受付で入浴を請います。入浴料は250円(訪問日当時)。  ▼脱衣場には…。  ▼分析書が掲示されています。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉を適温にして供給しているようです。  ▼入浴されている...

post image

【別府共同湯めぐりNo.48】前田温泉 ※別府八湯温泉道No.199

 「前田温泉」は、JR九州・日豊本線の別府大学駅の西方向に位置する鄙びた共同浴場です。同駅から大学方向へ向かうバス通りを200mほど進んで右折するとすぐのところにあります。 ▼建物の佇まいからして共同浴場ファンをワクワクさせてくれる「前田温泉」。  ▼営業時間は14:00~20:00、定休日は1・15日、入浴料は100円です(いずれも訪問日当時)。  ▼半地下構造の浴室。  ▼温泉は無色透明の熱いお湯。若干の塩気が感じら...

post image

【別府共同湯めぐりNo.47】小倉薬師温泉 丘の湯 ※別府八湯温泉道No.84

 今回の「別府共同湯めぐり」は、小倉地区にある「小倉薬師温泉 丘の湯」を訪問します。海岸沿いから九州横断道路を上り、坊主地獄先交差点から斜め左の路地を進むと、一軒家のような小さな小屋が見えてきます。 ▼小倉薬師堂と並んで建っている湯気抜きのある建物…。  ▼「小倉薬師温泉 丘の湯」です。  ▼建物の中央に建つ薬師地蔵。そして入口ヨコには…。  ▼原爆症に対して効能があることを紹介する文章が掲げられています...

post image

喫茶ママ(大分県/宇佐市)

 大分県・別府市から国道500号線を北上し、旧安心院町の中心街に入ったところで、駐車場に多くの車が止まっている飲食店を見つけました。ちょうど小腹も空いていたところですので、入ってみることにしましょう。 ▼お店の名前は「喫茶ママ」といいます。  ▼メニューを見ると…あら美味しそう。鉄板イタリアン(ナポリタン)や鶏鍋定食、ベーコン丼など…。  ▼悩んだ結果、注文したのは「ハンバーグ定食」800円(訪問日当時)。...

post image

【別府共同湯めぐりNo.46】平田温泉 ※別府八湯温泉道No.208

 今回の「別府共同湯めぐり」は、閑静な住宅街の一角にある「平田温泉」をご紹介します。場所は別府平田郵便局の近く、最寄駅はJR九州・日豊本線の別府大学駅、歩くと15分ほどかかります。 ▼照波園通り沿いにはこのような案内板があります。  ▼迷いながら、ようやく「平田温泉」に辿り着くことができました。  ▼番台に入浴料100円(訪問日当時)を支払い、中へ入ります。  ▼脱衣場から2段ほど下がったところに浴室。  ...

post image

雲仙新湯温泉館(長崎県/雲仙市)

 「昔ながらの銭湯感覚で素朴な温泉情緒が味わえます。泉質は硫黄泉で、地元の皆様からも愛されており、湯船につかりながら地元の方とのふれあいはいかがでしょうか?」(雲仙温泉観光協会HPより) ▼湯けむりに誘われるように…長崎県・雲仙市の雲仙温泉にやって来ました。  ▼今回、目指しているのは…。  ▼こちらの「雲仙新湯温泉館」です。  ▼入浴料は何と100円(訪問日当時)。水曜日定休、それ以外は9時から23時まで営...

post image

黄金ラーメン 銀座店(熊本県/熊本市)

 熊本県・熊本市の繁華街である銀座通りを歩いていると、ひときわ目立つラーメン店の看板が目に飛び込んできました。「熊本ラーメンの王者 黄金ラーメン」と書いてありますね…入ってみましょう。 ▼座通りを歩いていたら目に飛び込んできた看板。  ▼24時間営業の「黄金ラーメン」です。  ▼餃子をつまみにビールで喉を潤した後…。  ▼ラーメンと麺の選定作業に入ります。色々な組み合わせがあるようです。  ▼注文したのは「...

post image

湯の屋台村(熊本県/合志市)

 今回は、熊本県・合志市にある「湯の屋台村」を訪問した時の様子をご紹介します。オーナー自ら材料を用意して自分で建てたという建物は手づくり感あふれる佇まいです。 ▼熊本県道37号線沿いにある…。  ▼熊本県・合志市の「湯の屋台村」にやって来ました。  ▼オーナー自ら材料を用意して自分で建てたという建物は手づくり感に溢れています。  ▼以前は「100円温泉」と書かれていた看板が「健康温泉」に書き換えられていまし...

post image

境港駅(鳥取県/境港市)

 JR西日本・境線は、鳥取県の米子駅と境港駅を結ぶ17.9kmの地方交通線です。漫画家の水木しげる氏が育ったのが境港市であることに因んで、各駅には同氏の代表作である「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪が愛称として採用されています。 今回は同線の終点・境港駅を訪問します。駅に隣接する「みなとさかい交流館」からは隠岐へ向かうフェリーが発着する他、駅から東へ伸びる道路は「水木しげるロード」と呼ばれ、歩道上に複数の...

post image

亀の甲温泉(熊本県/菊池市)

 「美人の湯として知られるナトリウム・炭酸水素塩泉で、湯上り後はお肌ツルツル。頭痛や冷え性など、多くの効能があります。落ち着いた白壁づくりの和風の建物に、四つの家族湯を完備。石づくりやタイル張りなど、部屋ごとに異なる雰囲気のお風呂が楽しめます。」(公式HPより) ▼「亀の甲温泉」にやって来ました。  ▼温泉の宝庫と呼ばれる熊本県北の菊池市にある温泉です。  ▼受付で入浴料300円(訪問日当時)を支払いま...

post image

遊食 空海(島根県/出雲市)

 島根県・出雲市郊外に美味しいラーメン屋さんがあると聞いて訪問してみました。お店の名前は「遊食 空海」。休日の昼食時ともなれば順番待ちができるほどの人気店です。 ▼島根県・出雲市の「遊食 空海」。出雲市役所から西へ2kmほど進んだところにあります。  ▼注文したのは、「空海ラーメン」650円(+大盛140円)+Bセット(焼飯)310円(価格はいずれも訪問日当時)。  ▼鮪の頭を使用しているという甘めのスープにトロトロ...

post image

菊池温泉 城乃井温泉(熊本県/菊池市)

 「菊池温泉は昭和29年に温泉が湧出しました。城乃井温泉は、昭和32年に開業しその後旅館も経営し始め、昭和52年現在地に『公衆浴場 城乃井温泉』を始めました。 どこか懐かしい情景がひろがる銭湯は、地元の方々や県内外よりご利用されております。銭湯だからこそ触れ合える人と人…一声かけてみてください。その後は共同湯の雰囲気に癒やされ、心がまーるくなる…。」(城乃井旅館HPより) ▼熊本県・菊池市の「城乃井温泉」...

post image

あしはらの湯(熊本県/熊本市)

 名高い温泉が数多く存在する熊本県・熊本市北部の旧植木町エリア。今回はその中の一つ、田底地区にある「あしはらの湯」を訪問したいと思います。公衆浴場と6つの家族風呂を備えた本格的な日帰り入浴施設です。 ▼熊本県・熊本市北部の旧植木町エリアにある…。  ▼「あしはらの湯」へやって来ました。  ▼公衆浴場と6つの家族風呂を備えた日帰り入浴施設です。  ▼今回は公衆浴場を利用。入浴料は300円(訪問日当時)です。 ...

post image

加田の湯(島根県/飯南町)

 「その昔、この地域で活躍した武将もこの湯に浸かり傷を癒したと伝えられる『加田の湯』。全国的に珍しいその泉質と、お湯の効果の高さから名湯として人気を博 しています。 炭酸成分を保ち、体への効能を高めるために、38℃-40℃の少しぬるめのお湯に設定してあります。ゆっくりと源泉掛け流しのお湯を堪能してください。」(飯南さとやまにあHPより)  ▼島根県の山奥にある飯南町の「加田の湯」にやって来ました。  ▼入浴...

post image

定食屋大盛亭 植木店(熊本県/熊本市)

 植木ICから国道3号線を北へ2kmほど進んだところで、赤い看板の定食屋さんを見つけました。「私達は心を込めてお客様へ大盛定食をご提供致します。」と書いてあります…入ってみましょう。 ▼植木ICから国道3号線を北へ2kmほど進んだところにある…。  ▼「定食屋大盛亭」の植木店にやって来ました。数あるメニューの中から…。  ▼「野菜炒め定食」690円(訪問日当時・税抜)を注文。野菜炒めは醤油とソースからソース味を選択。...

post image

千原温泉(島根県/美郷町)

 「底板の間から湧き出る源泉に直接入ることのできる、全国的にも珍しい温泉です。最近は『足元湧出源泉』という呼び方で高い評価を いただけるようになりました。黄褐色に濁った浴槽の中に入るのは、ちょっと勇気がいりますが、入ってしばらくつかっていると、温泉の力のようなものを全身で 感じ取れると思います。 炭酸ガスの泡が足元からポコッポコッ。大きい泡、小さい泡、一つひとつの泡の音にも個性を感じるほど。足元から...

post image

辰頭温泉(熊本県/菊池市)

 熊本県・菊池市の「辰頭(たつがしら)温泉」は、炭酸水素塩泉で美肌や腰痛に良いと評判の温泉施設です。施設内では地元で採れた野菜や生花等も販売されています。 ▼熊本県・菊池市の「辰頭温泉」へ向かっています。  ▼広い駐車場が完備されています。  ▼入浴料金は300円(訪問日当時)でした。  ▼浴場・脱衣所での撮影禁止の掲示がありましたので、浴場の画像は…。  ▼公式HPより拝借。炭酸はお湯が白く濁るほどの濃...

post image

不二の湯(熊本県/菊池市)

 「不二の湯は熊本不二コンクリート工業本社工場敷地内にある100%天然温泉です。お肌がつるつるになると評判のこの温泉は、120円という料金でご近所のかたはもちろん、はるばる遠方からやってこられる常連さんもいらっしゃいます。」(熊本不二コンクリート工業HPより) ▼温泉ファンの間では有名な「不二の湯」にやって来ました。  ▼以前の入浴料は100円でしたが、訪問日当時は120円になっていました。それでも安いですね。...

post image

いずも縁結び温泉 ゆらり(島根県/出雲市)

 「当施設のお湯は源泉一切手を加えておりません。中国地方最大級の『100%天然掛け流し』の温泉にゆらりとつかり、ここ出雲の地でココロもカラダも癒されてみませんか?」(公式HPより) ▼雨が激しく降る2019(平成31)年2月のある日…。  ▼島根県・出雲市の「いずも縁結び温泉 ゆらり」にやって来ました。  ▼建物は大きく、立派な施設です。  ▼入口に入ってまずは受付。入浴料は平日600円・土日祝日700円(いずれも訪問...

post image

熊入温泉センター(熊本県/山鹿市)

 「山鹿市の中心市街地から北へ約1.5キロ。のどかな田園地帯に囲まれた『熊入温泉センター』は、長きに渡って地元・山鹿の人々に愛されてきました。 昔ながらの共同浴場スタイルで、3段階の湯温を楽しめる浴槽が特徴。ヌメリのある無色透明の湯が、心と体をジンワリ温めてくれます。」(山鹿温泉観光協会HPより) ▼熊本県・山鹿市の「熊入温泉センター」にやって来ました。  ▼現在の施設は1964(昭和39)年に建てられたもの...