post image

かに料理専門店 かに太郎(北海道/白老町)

 北海道・白老町の「かに料理専門店 かに太郎」。ワンコイン(500円)でかにめしをいただくことができるお店です。インパクトある外観もあって国道36号線を走る時はいつも気になっていましたが、今回はお昼時でしかも店内に人影が認められましたので、意を決してお邪魔することにします。 ▼国道36号線沿いの「かに料理専門店 かに太郎」。大変失礼ながら廃墟と見紛うほど年季の入った建物。  ▼店内の入口より右側の部分のみが...

post image

知床食堂(北海道/羅臼町)

 北海道・羅臼町の「道の駅」に隣接する「知床食堂」。羅臼の海と国後島を眺めながら羅臼の海産物を食べられるお店として、観光客などに人気です。 ▼メニューを見て気になった「黒ハモ丼」1,300円(訪問日当時)を注文。  ▼蓋付きの器がやって来ました。蓋を開けて…。  ▼黒ハモとご対面!  ▼切れ目の入っていて柔らかいハモ…丁寧に骨抜きされていて食べやすかったです。  ▼ごちそうさまでした。 <データ(訪問日時点)...

post image

東岩瀬駅(富山県/富山市)

 富山地方鉄道・富山港線は、富山県・富山市の富山駅停留場から同・岩瀬浜駅を結ぶ7.7kmの路線です。以前はJR西日本の鉄道路線でしたが、2006(平成18)年にLRT(Light Rail Transit)化され、運行は富山ライトレールに引き継がれました。富山ライトレールは2020(令和2)年2月22日、富山地方鉄道に吸収合併され、現在に至ります。 今回は終点の岩瀬浜駅から2つ手前の東岩瀬駅を訪問します。この駅には1924(大正13)年竣工の...

post image

細岡展望台(北海道/釧路町)~2020向暑

 「釧路湿原の東側に位置する展望台です。細岡展望台からは、釧路川の大きな蛇行と釧路湿原の広がり、湿原の北側には雄阿寒岳・雌阿寒岳を望むことができます。 この展望台は、美しい夕日を見ることができる展望台としても知られています。川面に反射する夕日や、赤や薄紫などに色調が少しずつ変化する空のようすを楽しむことができます。」(釧路湿原国立公園連絡協議会HPより) ▼国道391号線沿いにある案内表示に従って…。...

post image

めん房 まるみ座(石川県/加賀市)

 「創業70年、3代に渡り秘伝のだしを守り続けた、うどんの味は地元の人々に長く親しまれています。日替わりランチや麺類を中心とした豊富なメニューを楽しめます。奥にはお座敷もあり、夜には加賀の地酒もゆっくり味わってみては。気軽に立ち寄れるお店です。」(山代温泉観光協会HPより) ▼山代温泉の温泉街を散策中に見つけた食事処「めん房 まるみ座」。  ▼ちょうどお昼時でしたので、こちらのお店で腹ごなししましょう。...

post image

ラーメン専門 日本(北海道/釧路市)

 北海道・釧路市のビジネスホテルにチェックインした後、繁華街をウロウロしていると、「ラーメン専門 日本」の文字が…大きく出ましたねえ。これは入ってみないわけにはいきません。 ▼北海道・釧路市の繁華街をウロウロしていると目に飛び込んできた「ラーメン専門 日本」の文字。  ▼店内で「正油野菜ラーメン」900円(訪問日当時)を注文。  ▼白菜、ニンジン、モヤシ、魚節、玉ねぎ、ネギ、めんま、なると、チャーシュー…。...

post image

粟津温泉 総湯(石川県/小松市)

 「粟津温泉は養老2年(718年)、泰澄大師が白山権現のおつげで発見したといわれ、1300年の歴史を誇る北陸最古の温泉だ。その中心部に建つ粟津温泉総湯は、お湯は無色透明で肌になめらか。立ち寄り湯として、付近の住民からはもちろん、県内外の人からも憩いの場として親しまれている。 外観は歴史ある粟津温泉街に溶け込むように、こじんまりした平屋建ての和風造りで、浴室も大浴槽が一つのシンプルな施設。泉質はナトリウム-...

post image

ビラオスキー場跡(北海道/弟子屈町)

 かつて北海道・弟子屈町には「ビラオスキー場」というスキー場がありました。雪が少ない道東地方にある代表的なスキー場のひとつでしたが、2008(平成20)年に営業を休止、そのまま廃止されました。2020(令和2)年に付近を通った際の様子をコメントなしでご紹介したいと思います。        訪問日:2020年6月...

post image

【惜別:日高線No.05】東町駅~様似駅

 「惜別:日高線」は今回(第5回)が最終回。東町駅から終点の様似駅までの5駅をご紹介したいと思います。既に6年あまり前から列車の運行は行われていませんでしたが、2021(令和3)年4月1日に鵡川~様似間116.0kmは正式に廃止され、バス転換が行われます。 ▼東町駅です。  ▼1977(昭和52)年に東町仮乗降場として開業。  ▼1987(昭和62)年のJR北海道誕生と同時に駅へと昇格しました。  ▼1面1線の単式ホームの先には…。...

post image

富山豚食堂 かつたま(富山県/富山市)

 「とんかつ」に「魂」を込めて「かつたま」…。地元に根ざしたとんかつ専門店を目指す「富山豚食堂 かつたま」を訪問します。富山県産の豚をはじめとする食材を使ったとんかつに舌鼓…。 ▼「とんかつ」に「魂」を込めて「かつたま」…。  ▼富山県・富山市の「富山豚食堂 かつたま」を訪問します。  ▼注文したのは「厚切りロースかつ定食(150g)」1,400円(税別・訪問日当時)。  ▼ごはんとキャベツ大盛が無料です。  ▼や...

post image

阿寒湖畔展望台(北海道/釧路市)~2020向暑

 「阿寒湖温泉にある『国設阿寒湖畔スキー場』は、夏には展望台へと姿を変えます。車でスキー場用駐車場まで行き、そこからゲレンデとなる斜面を登って展望台にたどり着くと、猛々しい姿の雄阿寒岳や、青い水をたたえた阿寒湖など、阿寒カルデラを一望することができます。春から初夏にかけて群生する自然の花々や秋に色づく紅葉も楽しむ事のできるスポットです。」(「SUPER FANTASTIC Kushiro Lake Akan」より) ▼前回訪問から...

post image

【惜別:日高線No.04】蓬栄駅~浦河駅

 「惜別:日高線」の第4回は、蓬栄駅から浦河駅までの5駅をご紹介したいと思います。この区間の路線は海岸線を離れ山間に入っていきます。列車は牧場の間をサラブレットとともに走ったり幾つかのトンネルを越えたりと、これまでとは違った景色を見せてくれます。 ▼蓬栄駅です。1958(昭和33)年の開業。  ▼開業当時からの無人駅。  ▼駅構内は待合室と…。  ▼単式ホーム1面があるのみです。  ▼日高本線とほぼ並走する国道2...

post image

山中温泉 菊の湯(石川県/加賀市)

 「山中の温泉は身体の芯までしみわたり、身も心もうるおすと芭蕉が称賛した日本三大名湯のひとつ。芭蕉の句『山中や 菊は手折らじ 湯の匂ひ』から命名された総湯・菊の湯は、開湯以来1300年変わらぬ場所で今も昔も多くの人たちに親しまれています。」(山中温泉HPより) ▼石川県・加賀市の山中温泉にやって来ました。  ▼温泉街の中心にある共同浴場「菊の湯」。こちらは「おとこ湯」で…。  ▼こちらが「おんな湯」。入浴料...

post image

味匠もり(北海道/標茶町)

 「当店のお蕎麦は摩周産石臼挽き蕎麦粉を使った手打ち蕎麦です。地元の食材・季節の食材・安全にこだわりひとつひとつ丁寧に気持ちを込めてお作りしています。」(お店の名刺より) ▼北海道・標茶町の「味匠もり」にやって来ました。  ▼メニューはそばを中心に…。  ▼丼物もあります。  ▼悩んだ末に注文したのは「ぶた丼セット」950円(訪問日当時)。  ▼摩周産石臼挽き蕎麦粉を使った手打ち蕎麦に…。  ▼阿寒ポークを...

post image

【惜別:日高線No.03】静内駅~日高三石駅

 「惜別:日高線」の第3回は、静内駅から日高三石駅までの5駅をご紹介したいと思います。静内駅は日高本線における列車運行上の要となる駅であり、代行バスも全て当駅で乗り換えが必要となっています。 ▼日高本線における最主要駅の静内駅。  ▼1926(大正15)年に日高拓殖鉄道の駅として開業、1933(昭和8)年の延伸までは終着駅でした。  ▼列車は運行していなくてもみどりの窓口は営業中、主要駅としての面目を保っています...

post image

麺家 一鶴(富山県/富山市)

 富山県・富山市の人気ラーメン店「麺家 一鶴」は、国道8号線(富山高岡バイパス)の中島インター付近、富山地方鉄道・富山港線の越中中島駅と城川原駅のほぼ中間地点にあります。どちらの駅からも徒歩10分弱です。 ▼「麺家 一鶴」の外観。ラーメン屋さんであることを示すものは…。  ▼道路に面した壁にある控えめな「ラーメン つけめん」の文字と…。  ▼入口の小さな看板だけです。  ▼注文したのは「特製とんこつ・カツオ・...

post image

両国総本店(北海道/釧路市)

 道内最大のアイヌコタンで有名な北海道・釧路市(旧阿寒町)の阿寒湖温泉。温泉街には高級ホテルから廉価な民宿まで様々なタイプの宿泊施設が建ち並びます。今回はその中の一つ「両国総本店」にお邪魔させていただきます。 ▼1泊素泊まり4,000円(訪問日当時)でお世話になります。  ▼廊下を抜けて…。  ▼通していただいたのは205号室。  ▼改装されたばかりの綺麗な洋室でした。  ▼浴室はこちら。  ▼源泉は阿寒岳神社の...

post image

【惜別:日高線No.02】清畠駅~新冠駅

 「惜別:日高線」の第2回は、清畠駅から新冠駅までの5駅をご紹介したいと思います。海沿いを走る箇所が多く、2015(平成27)年1月の高波被害があった区間でもあります。 ▼清畠駅です。1924(大正13)年に日高拓殖鉄道の慶能舞駅として開業。  ▼1944(昭和19)年に清畠駅へ改称されました。待合室はお隣の豊郷駅のものと同型。  ▼大きな窓から日光が差し込みます。  ▼待合室から少し離れたところにあるホームは…。  ▼単...

post image

山代温泉 総湯・古総湯(石川県/加賀市)

 「山代温泉には二つの公衆浴場『総湯』と『古総湯』があります。ひとつは『総湯』と呼ばれる、広く新しい、熱交換システムを導入した、加水なしの100%源泉の共同浴場。もうひとつは『古総湯』と呼ばれる、明治時代の総湯を復元し、外観や内装だけでなく『湯あみ』という温泉に浸かって楽しむだけの当時の入浴方法も再現した共同浴場です。山代温泉にお越しの際は、ぜひ『総湯』『古総湯』をお楽しみください。」(山代温泉観光協...

post image

別海村営軌道跡(北海道/別海町)

 かつて北海道・別海村(現在の別海町)にあった別海村営軌道。国鉄(現在のJR)の駅から離れた開拓地への生活物資や開拓地からの乳製品の輸送のため、奥行臼~上風蓮間13.0kmの営業が続けられていましたが、道路整備や自動車の普及が進み、町制施行を前にした1971(昭和46)年3月に廃止されました。  ▼奥行臼停留所を訪問。当地を訪問するのは約6年ぶりになります。  ▼別海村営軌道の歴史が記された案内板。  ▼そして、...

post image

【惜別:日高線No.01】鵡川駅~豊郷駅

 JR北海道・日高本線は、北海道・苫小牧市の苫小牧駅から同・様似町の様似駅に至る146.5kmの路線です。1937(昭和12)年に様似まで全通、計画では襟裳・広尾を経て帯広まで結ぶ予定でしたが、帯広側は広尾まで開業したところで計画はとん挫、様似~広尾間は未成区間となりました(帯広~広尾間は1987年に廃止)。 2015(平成27)年1月7日から8日にかけて猛烈に発達した低気圧が北海道を直撃、これに伴う高波で厚賀~大狩部間の...

post image

柳の下 末弘軒 本店(富山県/富山市)

 富山県・富山市の創業が1931(昭和6)年という老舗ラーメン店「末弘軒」は、柳の下の屋台から続く手づくりの味を守り続けてきました。看板メニューは「ふわふわとろっとろの手打ワンタン」(メニューより)が入った「手打ワンタンメン」です。 ▼富山県・富山市総曲輪にある「柳の下 末弘軒 本店」を訪問します。  ▼創業が1931(昭和6)年という老舗ラーメン店です。  ▼注文したのはもちろん「手打ワンタンメン」880円(訪問...

post image

荒磯料理 くまのや(北海道/斜里町)

 北海道・斜里町のウトロ地区にある「荒磯料理 くまのや」。地場産品にこだわる緑提灯4つ星のお店で、付近で採れる海の幸・山の幸の味を求めて、多くの観光客が訪れます。 ▼お昼の営業時間終了間際にお邪魔したため、ごはんものは品切れとのこと。  ▼注文したのは「知床海鮮湯麺」850円(訪問日当時)。   ▼「塩味。海老・カニ入りスープ」(メニューより)。美味でした。  ▼お店は国道334号線沿いにありますので、すぐに...

post image

JR東日本185系電車の定期運用

 JR東日本の185系電車は、「特急・急行列車から通勤・通学時の普通列車まで幅広い用途に使用できるという設計思想」(JR東日本HPより)のとおり、1981(昭和56)年3月の営業運転開始以来、特急「踊り子」や「湘南ライナー」、東北・上越新幹線部分開業時の「リレー号」や北関東方面への「新特急」など、幅広い運用に就きました。 そして、営業運転開始からちょうど40年が経過した2021(令和3)年3月12日の運転をもって、185...

post image

片山津温泉 総湯(石川県/加賀市)

 「『加賀片山津温泉 総湯』は、温泉文化を継承しつつ、市民と観光客が交流できる、現代にふさわしい温泉施設です。四季や朝、昼、夜、時間や季節による、自然の景観をぜひご堪能ください。また、総湯では、タオルや石鹸、おみあげ品も取り揃えております、ぜひご利用ください。」(公式HPより) ▼石川県・加賀市の片山津温泉にやって来ました。  ▼「総湯」を訪問する前に…。  ▼温泉街を散策します。  ▼最初に向かったの...