post image

新湊温泉(大分県/大分市)

 大分県・大分市の「新湊温泉」。JR九州・日豊本線の西大分駅から徒歩3分の至近にあり、夜は24時まで営業している、旅行者にも使い勝手の良い温泉銭湯です。 ▼新湊温泉は「新湊温泉ビル」という集合住宅の1階部分にあります。  ▼受付で入浴料を支払います。  ▼入浴料は300円(訪問日当時)です。  ▼浴室がこちら。画像からは見えないですが、浴室にはサウナの設備もあります。  ▼角が丸みを帯びた浴槽に…。  ▼49℃の...

post image

然別峡 かんの温泉(北海道/鹿追町)

 「昔、多くの湯治客から『治らぬ病なし』と言われた100余年の歴史を誇る名湯。現在では薬事法に抵触しそうな表現ですが、温泉の周囲は源泉が数多く自噴しています。その中から13の源泉を利用して11の湯舟を設けています。いずれも動力を使用しない自噴源泉100%かけ流し、加温も加水もしておりません。 また、源泉口がすぐ近くだったり、足元だったり(足元湧出)、フレッシュな源泉が湯船に注がれています。でも、温度と湯の華...

post image

下郡温泉(大分県/大分市)

 大分県・大分市の工業団地に、地元で人気の公衆浴場があります。JR九州・大分駅から東方面へ進み、大分川を渡った先の下郡工業団地の中にあります。その名も「下郡温泉」、美しい茶色のモール泉を楽しむことができます。 ▼温泉らしからぬ佇まいの「下郡温泉」。赤い看板が目印です。  ▼受付で入浴料を支払います。大浴場は380円(訪問日当時)。家族風呂もあります。  ▼脱衣場から浴室へ向かう通路。よく見ると…。  ▼循...

post image

フォーシーズン(北海道/上士幌町)

 北海道・上士幌町にある食堂兼喫茶店「フォーシーズン」は、特大のオムライスを提供するお店としてメガ盛りフリークの間では有名なお店です。所用で付近を通った際に立ち寄ってみることにしました。 ▼お店は上士幌町役場の近くにあります。  ▼「オムライス(小)」700円(訪問日当時)を注文。  ▼サイズは他に、中980円(同)と大1,280円(同)があります。  ▼一番小さいサイズでもこのボリューム…。  ▼お店に飾られて...

post image

高森町民バス「草津南部線」

 狭隘な道路を走る路線バスとしてファンの間で有名な熊本県・高森町の町民バス「草津南部線」。同町が産交バスに委託して、週2回(月・木曜日)・1日3便が運行されています。 ▼狭隘路線としてのハイライトは…。  ▼こちらの釣橋バス停付近。  ▼小型バス1台がようやく通ることができる橋をゆっくり渡って行きます。  ▼その他にも、バスは山道や…。  ▼長閑な田園風景の中を進んで行きます。 <参考HP>  ・「産交バスポ...

post image

糠平温泉ホテル(北海道/上士幌町)

 「糠平温泉ホテルのホームページへようこそ。当ホテルは大雪山国立公園の中の温泉街に有ります。大自然の中で日頃の疲れを、のんびりと癒してはいかがでしょうか?そんなお客様の、お手伝いをさせていただけたらと従業員一同心より、お待ちいたしております」(公式HPより) ▼北海道・上士幌町の糠平温泉にある「糠平温泉ホテル」。  ▼こちらで日帰り入浴をしたいと思います。  ▼日帰り入浴の利用可能時間は9:00~21:00…...

post image

高森湧水トンネル公園(熊本県/高森町)

 「湧水トンネル公園は高森駅の南側、歩いて10分のところにあります。旧国鉄高森線と高千穂線を結ぶ工事が昭和48年12月から着手されましたが、昭和50年2月、突然トンネル工事で大量の出水に見舞われ、その後も度重なる出水事故が発生して中断となり、その結果、今は高森町の貴重な水源地となっています。トンネルの長さは2,055メートル。常時、毎分32トンの湧水量があります。」(高森町HPより) ▼南阿蘇鉄道の高森駅から徒歩...

post image

満寿屋商店 本店(北海道/帯広市)

 「満寿屋第1号店である『満寿屋商店 本店』は、帯広繁華街の中心に位置し、創業1950年より変わらず皆様にご愛顧いただいているお店で、当時の雰囲気を生かした看板が目印。店内では懐かしい雰囲気のパンを取り揃えております。菓子パン類、特にアンパンやクリームパンが人気の商品です。」(公式HPより) ▼北海道・十勝地方の老舗パン屋さん「満寿屋商店 本店」にやって来ました。東京にも店舗があります。  ▼パンの名前は...

post image

熊本バス「南21系統」内大臣線

 熊本バスは熊本県・熊本市を拠点とする路線バス・貸切バス事業者です。路線バスは県内南東部を中心に路線網を張り巡らせています。以前は「熊延(ゆうえん)鉄道」を名乗り鉄道事業も営んでいましたが、1964(昭和39)年に鉄道事業を廃止して現社名になりました。 熊本バスの路線の中でバスファンに有名なのが「南21系統」。熊本交通センターから甲佐町・美里町(旧砥用町)を経由して、通潤橋で有名な山都町(旧矢部町)に至る...

post image

平小城温泉 城山公衆浴場(熊本県/山鹿市)

 今回は、熊本県・山鹿市にある「平小城温泉 城山公衆浴場」を訪問します。山鹿市の中心部から車で10分ほど。田舎の集落にある公民館のような建物は、入口がメインストリートとは反対側にあるため、浴場とは気付かずに見逃してしまいそうです。 ▼公民館のような造りの外観。この建物が…。  ▼「平小城温泉 城山公衆浴場」です。  ▼入口には入浴料を入れる箱が置かれています。料金は何と100円(訪問日当時)。  ▼頭上には、...

post image

帯広天然温泉 ふく井ホテル(北海道/帯広市)

 「創業は1927年。帯広駅前唯一の源泉かけ流し植物性天然モール温泉をご利用いただけます。駅からも近く繁華街までは信号ひとつで、観光にもビジネスにも大変便利な立地です。 当ホテルでは純度100%の源泉を加温せず、かけ流しています。お部屋からエレベーターを使って直接、大浴場へ行けるので大変便利です。チェックインからチェックアウトまでご入浴いただけますので、お好きな時間帯にごゆっくりお寛ぎください。」(公式...

post image

雨飾高原(長野県/小谷村)

 長野県の北西に位置する小谷村は、村の中央を姫川が流れ、村の東部には、雨飾山など標高2000m前後の山々が、西部には白馬連峰の標高2500m前後の山々がそびえる、峡谷型の地形をしています。 村内を走る村営バスは5つの系統があり、いずれもアルピコ交通などのアルピコグループが委託を受けて運行しています。今回はその中の一つ、雨飾高原へ向かうバスに乗車して終点周辺を散策したいと思います。 ▼村営バスのターミナル・南小...

post image

支那虎(北海道/富良野市)

 今回は、北海道・富良野市の人気ラーメン店を訪問したいと思います。お店の名前は「支那虎(しなとら)」。魚介系の醤油ラーメン「支那そば」や、にんにく焦がし油が決め手の「こげ塩」が人気メニューです。 ▼「支那虎」は北海道・富良野市にあります。  ▼お昼時は行列ができる人気ラーメン店。駐車場は3台分しかありませんので、ご注意下さい。  ▼「支那そば」の「中盛り(1.5玉)」を注文。800円+100円増し=900円(訪問日...

post image

木次線の旅

 JR西日本の木次(きすき)線は、島根県・松江市の宍道駅と広島県・庄原市の備後落合駅を結ぶ全長81.9kmの路線です。中国山地の山間を走るローカル線ですが、車窓からの風光明媚な風景や三段式スイッチバックが乗客を魅了します。 今回は登記上の終点である備後落合駅から1462Dに乗車し、同起点の宍道駅まで乗車した時の様子をご紹介します。なお、列車番号や列車の発着時刻は訪問日当時のものですので、ご了承ください。  ▼...

post image

三菱自工前駅(岡山県/倉敷市)

 岡山県・倉敷市に本社を置く水島臨海鉄道は、倉敷市の中心部と水島地域を結ぶ公共交通機関として旅客営業を行っている他、鉄道コンテナ輸送を中心に貨物営業を展開しています。 旅客営業を行っているのは、倉敷市~三菱自工前間10.4kmの区間です。今回は列車に乗って、旅客営業の終点・三菱自工前駅を訪問したいと思います。 ▼倉敷市からの列車に乗って、三菱自工前駅に降り立ちました。  ▼付近では、駅名の三菱自動車工業を...

post image

十勝岳温泉 凌雲閣(北海道/上富良野町)

 「北海道で一番高所にある宿で天然100%の温泉と大雪山国立公園十勝岳連峰の絶景が癒されながら、大きな宿では満喫できない真心のおもてなしを」(公式HPより) ▼雲一つない晴天、富良野盆地が一望できるこの場所は…。  ▼「十勝岳温泉 凌雲閣」です。  ▼こちらで日帰り入浴をさせていただきます。入浴料は800円(冬期600円・訪問日当時)。  ▼受付の際、露天風呂は工事中で入浴できない旨を告げられました。  ▼残念で...

post image

草津温泉(山梨県/甲府市)

 「源泉は46度と高温で、泉質はラドン含有、芒硝、重曹、食塩泉。体の芯まで温まります。内湯の蒸気でラドンを気管から体内に取り入れたら、涼しい露天風呂へ。朝6時のいちばん風呂に毎日通うファンも多いそうです。近くにこんな、いいお湯の温泉銭湯があるなんてうらやましい限り。 玄関先には湧水がこんこんと湧き出ていて、おいしいと評判。汲んで帰る人も多いのだとか。清らかな水の豊かさに、山の恵みを身近に感じます。飲...

post image

吹上露天の湯(北海道/上富良野町)

 「TVドラマ『北の国から』で宮沢りえが撮影の為、入浴したことで一躍有名になった混浴無料露天風呂。その為か、休日はいつも混み合っている。山ら湧き出る泉質は石膏食塩泉。無色透明、無臭の温泉。吹上温泉『白銀荘』からは徒歩5分くらいのところにある。尚、脱衣場はないので女性は水着着用かタオルを巻いて入浴することをおすすめする。」(かみふらの十勝岳観光協会HPより) ▼2019(平成31)年1月、晴天のある日…。  ...

post image

赤松温泉(大分県/日出町)

 個性派温泉として一部の温泉ファンに知られている大分県・日出町の「赤松温泉」。ビニールテントに覆われた浴室や大音量で流れる演歌といった独特の佇まいや雰囲気が訪れるものを圧倒します。 ▼大分県・日出町内の国道10号線沿いにある「赤松温泉」。  ▼キリンの像が出迎えてくれます。  ▼温泉棟はこちら。ビニールの屋根でできた黄色い建物です。  ▼受付で入浴料300円(訪問日当時)を支払い中へ。奥に脱衣スペースがあ...

post image

雨飾高原露天風呂(長野県/小谷村)

 「雨飾荘の手前100mほどに位置する露天風呂。4月下旬から11月中旬までオープンします。露天風呂の周囲はブナ林が囲み、開放感たっぷりの自然を感じながら、原泉かけ流しの効能豊かな温泉をお楽しみいただけます。」(小谷村HPより) ▼秘湯・小谷温泉からさらに山道を進んだところに佇む一軒宿・雨飾荘。  ▼その100mほど手前に…。  ▼ブナ林に囲まれた、源泉掛け流しの露天風呂があります。  ▼湯船近くの箱に協力金を入れ...

post image

近文駅(北海道/旭川市)

 JR北海道・函館本線の近文駅は、旭川駅から札幌方面へ向かって1つ目の駅です。1899(明治32)年に北海道官設鉄道の近文信号停車場として開業以降、軍用や木材貨物用の引込線の分岐点としての役割を果たしてきました。 1978(昭和53)年に引込線は廃止されましたが、駅ホームには同駅が一般駅となった1911(明治44)年に建てられた待合室が現存し、この駅の歴史の深さを物語っています。2019(平成31)年1月に訪問した時の様子...

post image

中華料理 おがわ(新潟県/長岡市)

 新潟県・長岡市の老舗中華料理店を訪問します。創業50年、JR東日本・長岡駅から徒歩5分ほどのところにある「中華料理 おがわ」です。「レバニラ炒め」や「焼ギョウザ」、塩味スープの「中国そば」等が看板メニューです。 ▼まずは、お店おススメの「焼ギョウザ」450円(税抜・訪問日当時)を注文。  ▼皮はモチモチで中身は具だくさん…不味いわけがありません。  ▼続いて、「野菜炒め」850円(同)。炒り卵が載っています。...

post image

らーめん 勝三(北海道/札幌市)

 所用で北海道・札幌市を訪問した際、二郎系ラーメンを提供するお店があると以前に聞いたのを思い出し、行ってみることにしました。店名は「らーめん 勝三(かつみ)」。食券機で「どてちんラーメン」780円(訪問日当時)を購入し、カウンターのみの店内でラーメンを待ちます。 ▼「らーめん 勝三」。JR北海道・函館本線の琴似駅から徒歩2~3分のところにあります。  ▼野菜を「増し増し」でお願いしたところ、二郎オリジナル...

post image

百合居温泉(長野県/栄村)

 2011(平成23)年3月12日の長野県北部地震で大きな被害を受けた長野県・栄村。今回は村内にある「百合居温泉」を訪問したいと思います。プレハブ小屋の質素な佇まいですが泉質や湯使いは素晴らしく、村民憩いの場として親しまれています。 ▼JR東日本・飯山線の横倉駅に降り立ちました。  ▼途中、千曲川に架かる橋を渡り、駅から歩いて15分ほどで…。  ▼田んぼの中にプレハブ小屋が見えてきます。  ▼こちらが「百合居温泉...

post image

北見食品工業 直営店(北海道/網走市)

 「北海道オホーツク海からお届けする海の幸。卓越した郷土風味が食卓を華やかに彩ります。さけ・かに・いくら・えび・ほたて・かまぼこ・珍味多数取り揃えております。」(公式HPより) ▼JR北海道・網走駅前の通りを東方向へ5分ほど歩いた場所に…。  ▼北見食品工業の直売店があります。店内にはオホーツクの味覚がいっぱい。  ▼店内の一角に、「揚げたて蒲鉾」のコーナーがあります。  ▼好きな蒲鉾を選んで、その場で...