catalog image

揖斐駅(岐阜県/揖斐川町)

 養老鉄道・養老線は、三重県・桑名市の桑名駅から岐阜県・揖斐川町の揖斐駅を結ぶ57.5kmの路線です。以前は近畿日本鉄道の一路線でしたが、2007(平成19)年より養老鉄道による運営に引き継がれました。 ▼大垣駅から元東急の電車に乗って…。  ▼揖斐駅にやって来ました。  ▼岐阜県・揖斐川町にある養老鉄道・養老線の終点です。  ▼町内に河川敷がある揖斐川名物の鮎をイメージしたデザインの駅名標。  ▼乗ってきた電車が...

catalog image

大野見(高知県/中土佐町)

 高知県・大野見村は県の中西部にあった山間部の村です。2006(平成18)年1月1日、隣接する中土佐町と合併しました。今回は四万十交通バスの2つの路線を使って、旧大野見村の中心街にある終点「大野見」バス停を目指したいと思います。 ▼バス旅のスタートは窪川駅から。窪川~大野見線で「大野見」バス停を目指します。  ▼10:10にバスは窪川駅を出発。県道19号線を北上しますが、すぐに脇道に逸れ…。  ▼車一台がようやく通る...

catalog image

岩渕公園前(青森県/大鰐町)

 弘南バスの弘前~大鰐・碇ヶ関線は、弘前バスターミナルから大清水・堀越・大鰐温泉駅前・碇ヶ関を経て岩渕公園前に至る路線です。終点の岩渕公園前付近に民家はなく、国道7号線と282号線の分岐点にバス停がポツンとあるだけです。 ▼終点の岩渕公園前に到着した弘南バスの路線バス。  ▼付近に民家はなく…。  ▼バス停標識と物置が置かれているだけです。  ▼日中、バスの頻度は1時間に1本ほど。約20分の休憩をはさんで弘前...

catalog image

宿毛駅(高知県/宿毛市)

 土佐くろしお鉄道・宿毛線に乗って、終点の宿毛駅に降り立ちます。宿毛に鉄道を通すための地元運動は明治時代から始まっていましたが、建設をめぐる構想間の争いや日本国有鉄道(国鉄)の経営悪化による工事凍結等で開業が遅れました。 その後、国鉄から宿毛線と阿佐線(現ごめん・なはり線)および第三次特定地方交通線に選定された中村線を引き受けるための第三セクター会社・土佐くろしお鉄道が設立され、宿毛線(宿毛~中村...

catalog image

雄冬(北海道/増毛町)~2019向暑

 2009(平成21)年12月の前回訪問から約10年…沿岸バスに乗って再び留萌別苅線の終点「雄冬(おふゆ)」を訪問します。1992(平成4)年に国道231号線が全面開通するまでは「陸の孤島」と呼ばれていた同地区。聞こえるのは海の波音と風の音、時折国道を通過していく車の音だけです。 ▼12:00ちょうど、昼の便で留萌別苅線の終点「雄冬(おふゆ)」に「到着。  ▼バスは休憩スペースに入って行きます。  ▼待合所や増毛町のカント...

catalog image

境港駅(鳥取県/境港市)

 JR西日本・境線は、鳥取県の米子駅と境港駅を結ぶ17.9kmの地方交通線です。漫画家の水木しげる氏が育ったのが境港市であることに因んで、各駅には同氏の代表作である「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪が愛称として採用されています。 今回は同線の終点・境港駅を訪問します。駅に隣接する「みなとさかい交流館」からは隠岐へ向かうフェリーが発着する他、駅から東へ伸びる道路は「水木しげるロード」と呼ばれ、歩道上に複数の...

catalog image

飯香の浦(長崎県/長崎市)

 長崎県内に路線バス網を張り巡らせている「長崎バス(長崎自動車)」。狭隘な道路を走行する路線が多いことでバスマニアの間で有名です。 今回は長崎バスに乗って、終点「飯香の浦」を訪問します。バスは長崎市の中心街から峠を越えて約40分で長崎半島の東岸にある海辺の小さな集落に到着します。 ▼11:27に浜の町を出発したバスが12:07に飯香の浦に到着しました。 ※時刻は訪問日当時のもの  ▼商店の名前のとおり、飯香の浦...

catalog image

出雲大社前駅(島根県/出雲市)

 一畑電車に乗って、大社線の終点・出雲大社駅に降り立ちます。1930(昭和5)年に大社神門駅として開業した後、1970年(昭和45)年に現在の駅名に改称されました。 ステンドグラスのような彩りの窓が印象的な西洋建築の駅舎は、1996(平成8)年に国の登録有形文化財建造物として登録された他、2009(平成21)年には経済産業省より近代化産業遺産に認定されています。 ▼出雲大社駅に電車が到着しました。  ▼出雲大社の最寄駅で...

catalog image

三島フェリー待合所(長崎県/壱岐市)

 壱岐交通は、長崎県の壱岐島内で乗合バス事業と貸切バス事業を行うバス会社です。島の中心部である旧郷ノ浦町地区を拠点として、島内各地域にバス路線が延びています。 今回はその中の一つ、渡良線の路線バスに乗車して、終点の「三島フェリー待合所」バス停を目指します。終点のある桟橋には、壱岐本島と渡良三島(大島・原島・長島)とを結ぶ「フェリーみしま」が発着します。 ▼渡良線の終点「三島フェリー待合所」バス停に...

catalog image

松江しんじ湖温泉駅(島根県/松江市)

 一畑電車・北松江線の終点・松江しんじ湖温泉駅は、1928(昭和3)年、北松江駅として開業しました。1970(昭和45)年には温泉が湧出したため松江温泉駅に改称、2002(平成14)年には周辺の温泉街の名称に合わせて現在の駅名に改称されました。 ▼2度の駅名変更を経て現在に至る松江しんじ湖温泉駅。  ▼現在の駅舎は2001(平成13)年に供用開始されました。  ▼駅に入ると…。  ▼出雲大社駅行きの電車が出発を待っています。...

catalog image

仙崎駅(山口県/長門市)

 JR西日本・山陰本線の通称「仙崎支線」。長門市~仙崎間2.2kmを1日6往復の列車が行き交います。今回はそのうちの1本で終点の仙崎駅を訪問、仙崎漁港で水揚げされた海産物を売る行商で賑わった時代を偲びます。 ▼8:00着の列車で仙崎駅に降り立ちます。  ▼JR西日本・山陰本線の通称「仙崎支線」の終点です。  ▼1930(昭和5)年に貨物駅として開業、1933(昭和8)年に旅客営業を開始しました。  ▼現在は無人駅です。  ...

catalog image

宮崎空港駅(宮崎県/宮崎市)

 JR九州・宮崎空港線の終点・宮崎空港駅。1996(平成8)年に開業した比較的新しい駅です。駅名のとおり、宮崎空港を発着する航空機を利用する人々や空港関係者に多く利用され、駅のホームからは滑走路や駐機する航空機を見ることができます。 ▼冬の西日本は朝の7時前でも暗いまま…早朝の宮崎空港駅。  ▼宮崎空港の旅客ターミナルを出ると、すぐ目の前に宮崎空港駅へ向かう階段があります。  ▼早朝なので閑散としていますが...

catalog image

雨飾高原(長野県/小谷村)

 長野県の北西に位置する小谷村は、村の中央を姫川が流れ、村の東部には、雨飾山など標高2000m前後の山々が、西部には白馬連峰の標高2500m前後の山々がそびえる、峡谷型の地形をしています。 村内を走る村営バスは5つの系統があり、いずれもアルピコ交通などのアルピコグループが委託を受けて運行しています。今回はその中の一つ、雨飾高原へ向かうバスに乗車して終点周辺を散策したいと思います。 ▼村営バスのターミナル・南小...

catalog image

三菱自工前駅(岡山県/倉敷市)

 岡山県・倉敷市に本社を置く水島臨海鉄道は、倉敷市の中心部と水島地域を結ぶ公共交通機関として旅客営業を行っている他、鉄道コンテナ輸送を中心に貨物営業を展開しています。 旅客営業を行っているのは、倉敷市~三菱自工前間10.4kmの区間です。今回は列車に乗って、旅客営業の終点・三菱自工前駅を訪問したいと思います。 ▼倉敷市からの列車に乗って、三菱自工前駅に降り立ちました。  ▼付近では、駅名の三菱自動車工業を...

catalog image

阿下喜駅(三重県/いなべ市)

 三岐鉄道・北勢線の終点・阿下喜(あげき)駅を訪問します。1931(昭和6)年に北勢鉄道の駅として開業後、度重なる社名変更や事業譲渡を経て2003(平成15)年に三岐鉄道の駅となりました。 なお北勢線は、日本では数少なくなったナローゲージ(レール幅762mm)の旅客鉄道路線の一つです。日本で同じレール幅の路線は北勢線の他、同じく三重県の四日市あすなろう鉄道と富山県の黒部峡谷鉄道しかありません。 ▼度重なる社名変更...

catalog image

近江鉄道の起終点四景

 近江鉄道は滋賀県東部で鉄道・バス事業を行う地方私鉄です。鉄道は本線(米原~貴生川)・多賀線(高宮~多賀大社前)・八日市線(近江八幡~八日市)の3路線から構成されていますが、HP等では全路線が4つの区間に分けられ、夫々の区間に愛称とラインカラーが設定されています。 2018(平成30)年8月、近江鉄道に4つある起終点駅を訪問しましたので、その時の様子をご紹介します。訪問時に使用した切符は1日乗車券の「1デイス...

catalog image

富岡駅(福島県/富岡町)

 2011(平成23)年3月11日の東日本大震災により全線が不通になって以降、JR東日本・常磐線は復旧工事により運転再開区間が徐々に拡大してきました。2017(平成29)年10月21日には竜田~富岡間が復旧、不通区間は富岡~浪江間20.8kmを残すのみとなっています。 過去に南側の終点だった広野駅・竜田駅に続き、今回は現時点での終点・富岡駅を訪問したいと思います。なお、JR東日本は不通区間を2020(令和2)年3月までに復旧す...

catalog image

和歌山港駅(和歌山県/和歌山市)

 南海電気鉄道の電車に乗って、和歌山港線の終点・和歌山港駅に降り立ちます。かつて和歌山港線は和歌山港駅より一つ先の水軒駅が終点でしたが、2002(平成14)年に和歌山港~水軒間が廃止、和歌山港駅が終点となりました。 ▼南海電気鉄道の電車に乗って、和歌山港線の終点・和歌山港駅にやって来ました。  ▼島式1面2線のホームを持つ盛土駅です。ホーム部分が3階に相当します。  ▼改札口はホームから階段を下りた2階部分に...

catalog image

西藤原駅(三重県/いなべ市)

 「三岐線の終着駅である西藤原駅は、蒸気機関車を2両並べた外観のユニークな駅舎です。また、駅舎プラットホームの一部を利用して作られた駅前公園では、三岐鉄道開業時の蒸気機関車など3両の鉄道車両を展示しており、全面が芝生で覆われた公園として、ご家族連れのグループや地域の皆様をはじめとした多くの方々に、憩いの場としてご利用いただいております。 さらに西藤原駅は、鈴鹿山脈北部・藤原岳の登山口ともなっており、...

catalog image

枕崎駅(鹿児島県/枕崎市)~2018炎暑

 鹿児島県・指宿市の枕崎駅は、JRグループで日本最南端を走る指宿枕崎線の終点です。駅には「本土最南端の始発・終着駅」の碑が設置されています。 2006(平成18)年までは現在の場所から少し離れたところに旧駅舎とホームがありました。その後、駅は現在の場所に移動、2013(平成25)年には新駅舎も完成しました。 新駅舎完成前だった前回訪問から7年近くが経った2018(平成30)年11月に再訪の機会が得られましたので、最新...

catalog image

玉ノ井駅(愛知県/一宮市)

 愛知県・一宮市にある名古屋鉄道(名鉄)の玉ノ井駅。1914(大正3)年の開業当初は途中駅でしたが、1959(昭和34)年に休止中だった玉ノ井~木曽川港間が廃止され、尾西線の終点となりました。 ▼玉ノ井駅に到着した電車から改札口へ向かう人々。  ▼名古屋鉄道(名鉄)・尾西線の終点です。  ▼ここから先の線路はありません。  ▼駅の開業は1914(大正3)年。  ▼開業当初は途中駅でしたが…。  ▼1959(昭和34)年に休止...

catalog image

ことでんの終点三景

 高松琴平電気鉄道(通称「ことでん」)は香川県・高松市に本社を置く鉄道会社です。琴平線(高松築港~琴電琴平32.9km)、長尾線(瓦町~長尾14.6km)、志度線(瓦町~琴電志度12.5km)の3路線を運行しています。 他社からの譲渡車両が多く活躍していることで有名で、その出自も京急や京王、名古屋市営地下鉄…と多岐にわたっています。また、大正・昭和初期に製造されたレトロ電車が動態保存されており、月1回の特別運行日には...

catalog image

能古島内線(福岡県/福岡市)~後編

 西日本鉄道(西鉄バス)唯一の離島路線「能古島内線」。前編に続き後編では、終点「アイランドパーク」の様子と渡船場を経由して姪浜まで戻るまでをご紹介したいと思います。 ▼8時10分、朝一番のバスに乗って終点「アイランドパーク」に到着しました。  ▼「のこのしまアイランドパーク」の最寄りバス停ですが…。  ▼訪問したのが開園時刻の9時よりも前だったため、周囲は閑散としています。  ▼バスは建物ヨコにあるペンキ...

catalog image

能古島内線(福岡県/福岡市)~前編

 博多湾のほぼ中央に浮かぶ人口約720人の能古島(のこのしま)。大都市のすぐ近くにありながら、わずか10分の船旅で自然を満喫できるとあって、週末やシーズン中は多くの行楽客で賑わいます。 行楽客の多くは港から路線バスを使って島の北端にある「のこのしまアイランドパーク」へ向かいます。この路線バスこそ、西日本鉄道(西鉄バス)唯一の離島路線「能古島内線」です。 2018(平成30)年6月のとある平日に能古島を訪問しま...

catalog image

上松永(三重県/木曽岬町)

 木曽三川の河口部に位置する三重県・木曽岬町(きそさきちょう)。トマト生産が盛んで、三重県の総出荷量の約6割を占める農業の町です。郵便配達は隣の愛知県の郵便局が行うなど、生活基盤の一部は愛知県側に依っています。 以前は三重交通が町内に路線バスを運行していましたが2007(平成19)年に廃止、以降は町が自主運行バスを走らせています。今回は2路線ある自主運行バスのうち、中央線の終点・上松永を訪問します。 ▼出...

catalog image

東名古屋港駅(愛知県/名古屋市)

 名古屋鉄道(名鉄)・築港線は大江~東名古屋港間1.5kmを結ぶ路線で、中間駅はありません。終点の東名古屋港駅付近の工場への通勤客を輸送するため、旅客列車は朝夕のみ運転されます。また、同駅近くには全国でも珍しい平面交差(ダイヤモンドクロッシング)があります。 ▼名鉄・常滑線の大江駅から…。  ▼東名古屋港方面へ向かうため…。  ▼東名古屋港行の列車に乗り込みます。正面には行先系統板が掲げられており…。  ▼行...

catalog image

妙見山上(大阪府/豊能町)

 阪急バス・東能勢線の137系統は、大阪府・豊能町の余野から妙見山上に至る路線です。妙見山への行楽客を輸送するため、日祝のみ2往復が運行されていましたが、 2019(令和元)年7月13日の改正で路線廃止となりました(最終運行日は2019年7月7日)。2011(平成23)年9月に訪問した際の様子をご紹介したいと思います。 ▼池田駅から126系統・牧行きバスに乗って余野バス停で下車、137系統・妙見山上行きに乗り換えます。  ▼当時...

catalog image

広電宮島口駅(広島県/廿日市市)

 広島電鉄・宮島線の終点「広電宮島口駅」に降り立ちます。その名のとおり、宮島(正式名は厳島)の玄関口として、駅前からは宮島行きのフェリーが発着する賑やかな場所にあります。 ▼広島市の中心街で広島電鉄の路面電車に乗車し…。   ▼約1時間かけて、広電宮島口駅にやって来ました。  ▼現在の駅舎は、1994(平成6)年に改築されたものだそうです。  ▼観光客が多く行き交う駅前からは…。  ▼宮島へ向かうフェリーが発...

catalog image

碧南駅(愛知県/碧南市)

 名古屋鉄道・三河線の終点・碧南駅。1914(大正3)年の開業当時は大浜港駅という名前でしたが、1954(昭和29)年に現在の碧南駅へ改称、以降は長らく三河線の途中駅としての役割を果たしてきましたが、2004(平成16)年の碧南~吉良吉田間廃止に伴い、終着駅となりました。 ▼現在の駅舎は1947(昭和22)年竣工の二代目になります。トイレは新しく建てられたもののようです。  ▼2004(平成16)年まで、三河線は碧南駅から先の...

catalog image

宇美駅(福岡県/宇美町)

 JR九州・香椎線の終点・宇美駅を訪問しました。かつては旧日本国有鉄道(国鉄)・勝田線との接続駅でしたが、勝田線の宇美駅はもともと香椎線の宇美駅から100mほど離れた場所にありました。その勝田線も1985(昭和60)年には廃止されています。 ▼JR九州・香椎線の終点・宇美駅にやって来ました。香椎線のキハ40系気動車は間もなく見納めです。  ▼宇美駅の駅名標。  ▼駅の先は行き止まりです。  ▼以前は有人駅でしたが...