catalog image

安心院温泉センター(大分県/宇佐市)

 大分県・宇佐市の「安心院温泉センター」で立ち寄り湯。安心院温泉センターは家族旅行村安心院の中にある温泉施設です。2階の休憩所からは安心院盆地を一望することができます。 ▼大分県・宇佐市の旧安心院町にある…。  ▼「安心院温泉センター」にやって来ました。  ▼入浴料は300円(訪問日当時)。  ▼ナトリウム塩化物泉が注がれる浴槽に身を委ねると…。  ▼心も身体も温まります。  ▼温泉センターのある家族旅行村安...

catalog image

長湯温泉 長生湯(大分県/竹田市)

 「長湯温泉街の中心にある入浴施設です。入り口は回転扉で、入湯料200円を入れると開くユニークな自動 ドアになってます。泉質は炭酸水素塩泉で飲泉もできます。広々とした男女別の内風呂があります。」(「大分県の観光情報公式サイト」より) ▼大分県・竹田市の長湯温泉にやって来ました。  ▼ここに長生湯という公衆浴場があります。看板は旧直入町時代に掛けられたものでしょう。  ▼「飲んで効き 長湯して利く 長湯のお...

catalog image

佐田温泉(大分県/宇佐市)

 今回は大分県・宇佐市の旧安心院町にある「佐田温泉」を訪問します。正式名は「佐田老人憩の家」ですが、年配者のみならず誰でも入浴することができます。 ▼大分県・宇佐市の旧安心院町にある「佐田温泉」にやって来ました。  ▼受付で入浴を請います。入浴料は250円(訪問日当時)。  ▼脱衣場には…。  ▼分析書が掲示されています。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉を適温にして供給しているようです。  ▼入浴されている...

catalog image

【別府共同湯めぐりNo.48】前田温泉 ※別府八湯温泉道No.199

 「前田温泉」は、JR九州・日豊本線の別府大学駅の西方向に位置する鄙びた共同浴場です。同駅から大学方向へ向かうバス通りを200mほど進んで右折するとすぐのところにあります。 ▼建物の佇まいからして共同浴場ファンをワクワクさせてくれる「前田温泉」。  ▼営業時間は14:00~20:00、定休日は1・15日、入浴料は100円です(いずれも訪問日当時)。  ▼半地下構造の浴室。  ▼温泉は無色透明の熱いお湯。若干の塩気が感じら...

catalog image

【別府共同湯めぐりNo.47】小倉薬師温泉 丘の湯 ※別府八湯温泉道No.84

 今回の「別府共同湯めぐり」は、小倉地区にある「小倉薬師温泉 丘の湯」を訪問します。海岸沿いから九州横断道路を上り、坊主地獄先交差点から斜め左の路地を進むと、一軒家のような小さな小屋が見えてきます。 ▼小倉薬師堂と並んで建っている湯気抜きのある建物…。  ▼「小倉薬師温泉 丘の湯」です。  ▼建物の中央に建つ薬師地蔵。そして入口ヨコには…。  ▼原爆症に対して効能があることを紹介する文章が掲げられています...

catalog image

【別府共同湯めぐりNo.46】平田温泉 ※別府八湯温泉道No.208

 今回の「別府共同湯めぐり」は、閑静な住宅街の一角にある「平田温泉」をご紹介します。場所は別府平田郵便局の近く、最寄駅はJR九州・日豊本線の別府大学駅、歩くと15分ほどかかります。 ▼照波園通り沿いにはこのような案内板があります。  ▼迷いながら、ようやく「平田温泉」に辿り着くことができました。  ▼番台に入浴料100円(訪問日当時)を支払い、中へ入ります。  ▼脱衣場から2段ほど下がったところに浴室。  ...

catalog image

雲仙新湯温泉館(長崎県/雲仙市)

 「昔ながらの銭湯感覚で素朴な温泉情緒が味わえます。泉質は硫黄泉で、地元の皆様からも愛されており、湯船につかりながら地元の方とのふれあいはいかがでしょうか?」(雲仙温泉観光協会HPより) ▼湯けむりに誘われるように…長崎県・雲仙市の雲仙温泉にやって来ました。  ▼今回、目指しているのは…。  ▼こちらの「雲仙新湯温泉館」です。  ▼入浴料は何と100円(訪問日当時)。水曜日定休、それ以外は9時から23時まで営...

catalog image

湯の屋台村(熊本県/合志市)

 今回は、熊本県・合志市にある「湯の屋台村」を訪問した時の様子をご紹介します。オーナー自ら材料を用意して自分で建てたという建物は手づくり感あふれる佇まいです。 ▼熊本県道37号線沿いにある…。  ▼熊本県・合志市の「湯の屋台村」にやって来ました。  ▼オーナー自ら材料を用意して自分で建てたという建物は手づくり感に溢れています。  ▼以前は「100円温泉」と書かれていた看板が「健康温泉」に書き換えられていまし...

catalog image

亀の甲温泉(熊本県/菊池市)

 「美人の湯として知られるナトリウム・炭酸水素塩泉で、湯上り後はお肌ツルツル。頭痛や冷え性など、多くの効能があります。落ち着いた白壁づくりの和風の建物に、四つの家族湯を完備。石づくりやタイル張りなど、部屋ごとに異なる雰囲気のお風呂が楽しめます。」(公式HPより) ▼「亀の甲温泉」にやって来ました。  ▼温泉の宝庫と呼ばれる熊本県北の菊池市にある温泉です。  ▼受付で入浴料300円(訪問日当時)を支払いま...

catalog image

菊池温泉 城乃井温泉(熊本県/菊池市)

 「菊池温泉は昭和29年に温泉が湧出しました。城乃井温泉は、昭和32年に開業しその後旅館も経営し始め、昭和52年現在地に『公衆浴場 城乃井温泉』を始めました。 どこか懐かしい情景がひろがる銭湯は、地元の方々や県内外よりご利用されております。銭湯だからこそ触れ合える人と人…一声かけてみてください。その後は共同湯の雰囲気に癒やされ、心がまーるくなる…。」(城乃井旅館HPより) ▼熊本県・菊池市の「城乃井温泉」...

catalog image

あしはらの湯(熊本県/熊本市)

 名高い温泉が数多く存在する熊本県・熊本市北部の旧植木町エリア。今回はその中の一つ、田底地区にある「あしはらの湯」を訪問したいと思います。公衆浴場と6つの家族風呂を備えた本格的な日帰り入浴施設です。 ▼熊本県・熊本市北部の旧植木町エリアにある…。  ▼「あしはらの湯」へやって来ました。  ▼公衆浴場と6つの家族風呂を備えた日帰り入浴施設です。  ▼今回は公衆浴場を利用。入浴料は300円(訪問日当時)です。 ...

catalog image

加田の湯(島根県/飯南町)

 「その昔、この地域で活躍した武将もこの湯に浸かり傷を癒したと伝えられる『加田の湯』。全国的に珍しいその泉質と、お湯の効果の高さから名湯として人気を博 しています。 炭酸成分を保ち、体への効能を高めるために、38℃-40℃の少しぬるめのお湯に設定してあります。ゆっくりと源泉掛け流しのお湯を堪能してください。」(飯南さとやまにあHPより)  ▼島根県の山奥にある飯南町の「加田の湯」にやって来ました。  ▼入浴...

catalog image

千原温泉(島根県/美郷町)

 「底板の間から湧き出る源泉に直接入ることのできる、全国的にも珍しい温泉です。最近は『足元湧出源泉』という呼び方で高い評価を いただけるようになりました。黄褐色に濁った浴槽の中に入るのは、ちょっと勇気がいりますが、入ってしばらくつかっていると、温泉の力のようなものを全身で 感じ取れると思います。 炭酸ガスの泡が足元からポコッポコッ。大きい泡、小さい泡、一つひとつの泡の音にも個性を感じるほど。足元から...

catalog image

辰頭温泉(熊本県/菊池市)

 熊本県・菊池市の「辰頭(たつがしら)温泉」は、炭酸水素塩泉で美肌や腰痛に良いと評判の温泉施設です。施設内では地元で採れた野菜や生花等も販売されています。 ▼熊本県・菊池市の「辰頭温泉」へ向かっています。  ▼広い駐車場が完備されています。  ▼入浴料金は300円(訪問日当時)でした。  ▼浴場・脱衣所での撮影禁止の掲示がありましたので、浴場の画像は…。  ▼公式HPより拝借。炭酸はお湯が白く濁るほどの濃...

catalog image

不二の湯(熊本県/菊池市)

 「不二の湯は熊本不二コンクリート工業本社工場敷地内にある100%天然温泉です。お肌がつるつるになると評判のこの温泉は、120円という料金でご近所のかたはもちろん、はるばる遠方からやってこられる常連さんもいらっしゃいます。」(熊本不二コンクリート工業HPより) ▼温泉ファンの間では有名な「不二の湯」にやって来ました。  ▼以前の入浴料は100円でしたが、訪問日当時は120円になっていました。それでも安いですね。...

catalog image

いずも縁結び温泉 ゆらり(島根県/出雲市)

 「当施設のお湯は源泉一切手を加えておりません。中国地方最大級の『100%天然掛け流し』の温泉にゆらりとつかり、ここ出雲の地でココロもカラダも癒されてみませんか?」(公式HPより) ▼雨が激しく降る2019(平成31)年2月のある日…。  ▼島根県・出雲市の「いずも縁結び温泉 ゆらり」にやって来ました。  ▼建物は大きく、立派な施設です。  ▼入口に入ってまずは受付。入浴料は平日600円・土日祝日700円(いずれも訪問...

catalog image

熊入温泉センター(熊本県/山鹿市)

 「山鹿市の中心市街地から北へ約1.5キロ。のどかな田園地帯に囲まれた『熊入温泉センター』は、長きに渡って地元・山鹿の人々に愛されてきました。 昔ながらの共同浴場スタイルで、3段階の湯温を楽しめる浴槽が特徴。ヌメリのある無色透明の湯が、心と体をジンワリ温めてくれます。」(山鹿温泉観光協会HPより) ▼熊本県・山鹿市の「熊入温泉センター」にやって来ました。  ▼現在の施設は1964(昭和39)年に建てられたもの...

catalog image

植木温泉 公衆浴場 松の湯(熊本県/熊本市)

 有名な温泉地が密集する熊本県・熊本市の旧植木町エリア。その中の一つ、植木温泉は開湯130年を迎えた歴史ある温泉です。今回は植木温泉の温泉街にある「公衆浴場 松の湯」を訪問したいと思います。 ▼ここは熊本県・熊本市の植木温泉にある…。  ▼「公衆浴場 松の湯」です。創業1898(明治31)年。  ▼受付は浴室建物とは別に奥手にあります。入浴料金は200円(訪問日当時)。  ▼脱衣場には…。  ▼温泉分析書と湯使いにつ...

catalog image

塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター(島根県/雲南市)

 「こじんまりとした日帰り温泉施設。泉質は炭酸水素塩泉で濁り湯好きに人気。鉄分を多く含んでいる為、底が見えないほどの赤茶色の湯です。源泉掛け流しでお湯を毎日入れ替えています。国道54号沿いでアクセスも良好。」(「うんなんエリア観光情報」HPより) ▼国道54号線沿いにある「塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター」で日帰り入浴を楽しみます。  ▼入浴料は300円(訪問日当時)。  ▼ちなみに「まめなか」とは出雲弁で...

catalog image

出雲湯村温泉 元湯公衆浴場(島根県/雲南市)

 「3つの溜め枡に非加熱非加水の源泉が常時濯がれ、掛け流しで湯船に流れていきます。川石に腰を下ろし溜め枡から湯を濯ぐスタイルでご利用いただいています。」(湯乃上館HPより) ▼島根県・雲南市の出雲湯村温泉にやって来ました。  ▼目指すは…。  ▼茅葺屋根の「湯乃上館」!の対面にある…。  ▼元湯公衆浴場です。  ▼入浴券を購入して受付に渡します。入浴料は400円(訪問日当時)でした。  ▼木の温もりが感じられ...

catalog image

海潮温泉 桂荘(島根県/雲南市)

 「山々に囲まれた自然豊かな風景、千年以上の時を越え、変わらず湧き出る名湯。ひとときタイムスリップしたかのような大東の地歴史ロマンは心を癒してくれます。 桂荘の大浴場は広く、源泉掛流しの豊富な湯がこんこんと、静かで贅沢に流れています。桂荘では泉質を最大限生かすために、毎晩お湯を抜いての清掃と、毎朝のお湯ためにこだわっています。 冬場は特にお湯をためるのに時間がかかりますが、手間暇をかけているだけ、...

catalog image

湯ノ本温泉 山口温泉(長崎県/壱岐市)

 今回は長崎県の壱岐島にある公衆浴場を訪問します。壱岐島の北西岸に位置する湯ノ本温泉は、美しい島々に夕日が映える風光明媚な温泉郷です。この温泉街から少し外れたところにあるのが「山口温泉」です。 ▼県道231号線沿いにある「山口温泉」の看板。ここから150mほどで…。  ▼山口温泉に到着。「九州八十八湯めぐり」の対象施設です。お猿さんは独自のキャラクターでしょうか…。  ▼手前が管理棟、奥の黄緑色に塗られた建物...

catalog image

原口温泉(鹿児島県/湧水町)

 「今から凡そ八十年前の大正初期に発掘された此の温泉は、傷やできものに不思議に良く効くということが近郷で大評判となり、北薩唯一の貴重な湯治温泉として愛されること既に四代目、今も尚良く効く銘湯として御引立てを戴いております。」(建物前の看板より) ▼国道268号線から脇道を少し入ったところにある…。  ▼原口温泉。  ▼大正初期には発見されていたという歴史ある温泉です。  ▼商店を兼ねた受付で入浴料250円(...

catalog image

かがり火の宿 有楽(鳥取県/三朝町)

 「ラドンの微量な放射線が生命の活力を刺激し、細胞を活性化させ、“深呼吸するだけで元気のなる湯”と言われています。有楽の湯は、三朝温泉の元湯“株湯”から直接引いています。」(公式HPより) ▼三朝温泉の「かがり火の宿 有楽」に1泊お世話になります。かがり火は燃えていませんでした。  ▼「チョイ古room」プラン(素泊まり)で税抜4,000円(訪問日当時)。 ※価格は宿泊予約サイトのもの  ▼通していただいた部屋は「...

catalog image

白鳥温泉 上湯(宮崎県/えびの市)

 「白鳥温泉上湯は、征韓論に敗れた西郷隆盛が心身を癒しに訪れ、三ヶ月間逗留したという歴史ある温泉です。えびの高原から県道三十号を市街地に向けて下る途中にあります。情緒豊かな木製の天然蒸し風呂や木の香漂う風呂の数々は昔懐かしい風情を醸し出します。」(公式HPより) ▼宮崎県・えびの市の白鳥温泉上湯にやって来ました。眼下には加久藤盆地が広がります。  ▼西郷隆盛が3ヶ月間逗留したという歴史ある温泉です。...

catalog image

あきしげゆ(宮崎県/えびの市)

 今回は、宮崎県・えびの市にある「あきしげゆ」を訪問します。広大な畑に囲まれポツンと佇む個人経営の温泉施設で、泉質の良さを聞きつけて全国から多くの温泉ファンがやって来ます。 ▼宮崎県・えびの市の「あきしげゆ」にやって来ました。こちらは途中の道路脇にある看板。  ▼広大な畑に囲まれポツンと佇む個人経営の温泉施設です。カントリー風の木造建築は…。  ▼入口から有料。入場料500円(訪問日当時)を支払えば、休...

catalog image

霧島湯之谷温泉 湯之谷山荘(鹿児島県/霧島市)

 「湯之谷山荘は1940年(昭和15年)開業の湯治場です。源泉井(天然湧出泉)5本を自家所有し、総湧出量は480L/分でpH5.7の弱酸性泉です。24時間同一の状態で入浴できます。天然湧出泉は日々刻々、気温・降水量・気圧などの変化により温泉の色彩・温度などが微妙に変化します。 当山荘の湯船は、天然湧出の絶対的な湯量に合わせて造作致しました。少々狭いとの想いもあるかと存じておりますが、寒季(1~3月)にそこそこの充足感...

catalog image

湯の鶴温泉 きくの湯(熊本県/水俣市)

 湯の鶴温泉は熊本県・水俣市の南西、鹿児島県との県境近くの湯出川沿いにある落ち着いた温泉街です。歴史は古く、700年前に平家の落人が、鶴が湯浴みをするのを見て発見したといわれています。 41~59℃の肌がつるつるするなめらかな温泉が湧出し、湯治客の利用が多いそうです。前回訪問に続いて、今回は温泉街にある共同浴場「きくの湯」を訪問、再び湯の鶴温泉のお湯を堪能と思います。 ▼「きくの湯」は温泉街の中では湯出川...

catalog image

菱刈温泉 亀の湯(鹿児島県/伊佐市)

 鹿児島県・伊佐市にある公衆浴場「菱刈温泉 亀の湯」を訪問します。近隣には複数の公衆浴場があって、料金はいずれも100~200円(訪問日当時)。温泉資源豊富なエリアであることを印象付けてくれます。 ▼鹿児島県・伊佐市にある公衆浴場「菱刈温泉 亀の湯」にやって来ました。  ▼以前は湯治宿もやってたそうですが、現在は日帰り入浴のみ受け付けています。  ▼入浴料は200円(訪問日当時)、6時から21時までの営業です。 ...

catalog image

阿母ヶ平鉱泉(宮崎県/小林市)

 「国道221号線からわき道を奥へ深く深く入っていくと、行きついた先に知る人ぞ知る創業140年の老舗、阿母ヶ平鉱泉がある。まさに秘湯、こちらの魅力はなんといっても眼下に岩瀬川を望む露天風呂からの眺望!  緑の中で深呼吸し、視界に飛び込んでくる美しい渓谷、たゆみなく流れる川のせせらぎ、鳥の声を聞きながらゆったりと浸かる温泉、至福のひと時を過ごせます。」(小林市観光協会HPより) ▼秘湯「阿母ヶ平(あばがひ...