FC2ブログ
avatar image

旧神居古潭駅舎(北海道/旭川市)

 「本駅舎は明治31年旭川まで鉄道が開通して以降、同34年に神居古潭貫井停車場として設置され、同35年に神居古潭駅となり、その後昭和44年に函館本線の納内~伊納駅間がトンネル化されたことにより、廃駅となるまでは実際に駅舎として実際に使用されていました。

 平成元年に廃駅時の姿形をもとに復元され、明治期の貴重な西洋建築として同年に旭川市の指定文化財に指定されました。現在は景勝地・神居古潭のスポットの一つとして、また旭川サイクリングロードの休憩所としても多くの人々に親しまれています。」(旭川観光コンベンション協会HPより)

 ▼石狩川の左岸側にある駐車場から…。
 2019_0519(113).jpg

 ▼一度に100人以上は渡れない吊り橋を渡って…。
 2019_0519(114).jpg

 ▼旧神居古潭駅舎までやって来ました。
 2019_0519(092).jpg

 ▼開業は1901(明治34)年…。
 2019_0519(101).jpg

 ▼北海道官設鉄道の簡易停車場として開業しました。
 2019_0519(099).jpg

 ▼1969(昭和44)年、函館本線の電化・複線化に伴う線路切り替えにより…。
 2019_0519(102).jpg

 ▼神居古潭駅を通る鉄路は役目を終え、同駅も廃駅となりました。
 2019_0519(103).jpg

 ▼廃線跡はサイクリングロードとして整備され…。
 2019_0519(104).jpg

 ▼旧駅舎はサイクリングロードの休憩所として利用されています。
 2019_0519(109).jpg

 ▼また、駅構内には蒸気機関車3両が静態保存されています。
 2019_0519(094).jpg

<参考HP>
 ・「旭川観光コンベンション協会」(公式HP)

 訪問日:2019年5月19日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback