FC2ブログ
avatar image

えべおつ温泉(北海道/滝川市)

 「えべおつ温泉は、大正初期に釣り人が冷鉱泉の湧出を発見し、ここに浴場を造り公衆浴場として使用し、その後旅館を併設し、えべおつ温泉旅館として湯治者の利便に供して参りました。

 昭和57年に地下ボーリングを行ったところ温泉が噴出し、現在、温泉・冷鉱泉とも掛け流しで使用しております。高温湯・温泉・電気風呂・バイブラ風呂・温浴風呂・水風呂・サウナと7種類のお風呂がございます。」(公式HPより)

 ▼「えべおつ温泉」に1泊お世話になります。
 2019_0519(038).jpg

 ▼1泊素泊まり4,998円(訪問日当時)。 ※価格は宿泊予約サイトのもの
 2019_0518(245).jpg

 ▼写真を撮り忘れましたが、部屋は一般的な和室でした。
 2019_0518(246).jpg

 ▼早速、お風呂へ向かいましょう。
 2019_0518(232).jpg

 ▼浴室入口にある土質標本。
 2019_0518(239).jpg

 ▼浴室の画像は翌日の早朝に撮影したものですので、一部の浴槽のお湯が抜かれています。
 2019_0519(027).jpg

 ▼浴室です。奥から順番に…。
 2019_0519(033).jpg

 ▼「高温湯」と「温泉」。
 2019_0519(016).jpg

 ▼「高温湯」の浴槽には、44℃に加温された源泉が掛け流されています。
 2019_0519(036).jpg

 ▼「温泉」の浴槽は40℃に加温された源泉が掛け流し。「高温湯」からのお湯も引き受けます。
 2019_0519(034).jpg

 ▼「バイブラ(電気風呂)」。他の方のブログ等を拝見するとビリビリが激しいらしく、怖いです。
 2019_0519(003).jpg

 ▼「超音波風呂(寝風呂)」。「バイブラ(電気風呂)」と同様、水道水を循環ろ過して使用しています。
 2019_0519(022).jpg

 ▼「源泉」。30℃の源泉を加温せずにそのまま掛け流しています。これが一番気持ち良かった…。
 2019_0519(031).jpg

 ▼「冷鉱泉」。皆さん、サウナの前後の水風呂として使用していらっしゃいました。
 2019_0519(019).jpg

 ▼洗い場も完備。
 2019_0519(017).jpg

 ▼掛け流しの「源泉」の浴槽に浸かって…。
 2019_0519(014).jpg

 ▼身体が冷えてきたら「高温湯」への繰り返し。最高のひと時でした。
 2019_0519(030).jpg

 ▼その他、「サウナ」や「ボデーシャワー」のコーナーもあります。
 2019_0519(037).jpg

 ▼歴史ある温泉を堪能しました。お世話になりました。
 2019_0519(044).jpg

 ▼国道12号線沿いにある案内板。
 2019_0519(062).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    北海道滝川市江部乙町西12-8-22 地図
 ・電話番号  0125-75-2555
 ・営業時間  チェックイン12:30 チェックアウト10:00
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「えべおつ温泉」(公式HP)

 訪問日:2019年5月18~19日
スポンサーサイト



Comment

  • 旅鉄ぴ~た~。
  • URL
No title

こんばんは。
私は日帰り入浴ですが江部乙温泉行きました!
源泉すごくいいですよね。
源泉と高温泉の無限ループ最高ですよね。

すべてが歴史を感じさせる「味」のある温泉だと思いました!

  • のる
  • URL
Re: No title

旅鉄ぴ~た~。様

コメントありがとうございます。
江部乙温泉はお湯や佇まいも含めて本当に味わい深い温泉でした。
駅前にあるので、鉄道でも行きやすいですし(ただし本数が…)。
こうした”掘り出し物”のような場所に出会えるのも旅の魅力ですね。

のる

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback